Overotakuted

by saitolumesaitolume

BASE BREAD カレー味は完全食の未来を切り開くのか

📅 2021/2/7 ・ ☕ 1 min read

結論

  • 長期保存のために水分を減らしているので生地がパサパサ
  • カレーが本当に美味しい
  • カレーパンとしては物足りないが「カレー味のパン」としては及第点

BASE BREAD とは

BASE FOOD から販売されている完全栄養食のパンです。 詳しくは以前書いたブログ「BASE BREAD 新作のシナモン味が完全食に革命を起した」に思いを全てぶつけているので読んでください。

カレー味が出た

2021年1月28日に BASE BREAD で初となる惣菜パンの発売が発表されました。プレスには次のような特徴が書かれていました。

  • 炒め玉ねぎの甘みをベースにスパイスが効いたカレー
  • 生地にもスパイスを混ぜ込んでいる
  • 「揚げない」カレーパン
  • 合成保存料不使用で約 1 ヶ月間の保存が可能

世界初の完全栄養の主食を開発・販売するベースフード、シリーズ初の総菜パン「BASE BREAD カレー」 2021年2月3日(水)新発売|ベースフード株式会社のプレスリリース より

これまではプレーン以外だとチョコ味、シナモン味、メープル味が販売されておりどれも甘いパンでした。僕は食事の多くを BASE BREAD に置き換えていますが、ときどき無性に甘いもの以外を食べたくなっていました。この需要に対するアンサーとして惣菜パンが販売されたので、僕は発売日にウキウキで注文しました。

食べてみた

まず袋から出した瞬間に予想以上に小さくて驚きました。テニスボール1個分くらいです。(保存のために水分量を減らしているのが原因だと思うので、実際に食べてみると他の味と同じくらいの満足感は得られました)

BASE BREAD カレー味の断面

続いて頬張ってみると、1口食べた瞬間から今までのどの BASE BREAD とも違うことを確信しました。これまで硬い印象があった生地がホロホロと崩れたのです。生地は甘みとカレーのスパイスが混ざり合って複雑だけど絶妙に許せる味で、食感は柔らかいけれどもパサパサしていました。例えると、安いパウンドケーキにカレー粉を練り込んだような生地です。

カレーは中央に少しある程度で、これがアンパンだと暴動が起きるレベルの量です。しかし、カレーにはしっかりスパイスが効いていて、松屋で期間限定で販売されているマッサマンカレーに負けず劣らずといった味でした。一般的なカレーパンと比較してもかなり美味しいカレーです。生地もカレー味という点も考慮すると、パン全体の満足感はそれほど悪くありませんでした。

今後も食べたいのか

リピート確定です。これまで食べてきたカレーパンのように「外はサクサク中はフワフワでトロトロのカレーが入っている」のような楽しさはありませんでしたが、完全食で美味しいと思いながら食べられるという点で非常に強いです。揚げずに焼いているので食感が劣るのは仕方がありません。カレーパンではなく「カレー味のパン」としてなら違和感なく食べられそうです。

おわりに

食べ物としてのレベルではシナモン味やメープル味を上回る衝撃はありませんでしたが、惣菜パンの完全食という新しい分野が開拓されたことに BASE BREAD の未来を感じました。BASE BREAD は今後も僕らの期待に答えてくれそうです。

下のリンクから BASE BREAD の継続コースを注文すると500円引きで購入することができるので、気になる方はぜひお試しください。

https://payse.basefood.co.jp/lp/invite?code=inviteMzA0MTY5NjM4MzAzNy0tMzU0MTQ=